fc2ブログ

YouTube アニメ動画ナビ

YouTubeなどの動画共有サイトに掲載されているアニメ動画のリンク集。最新アニメ多数!
RSS表示パーツ

KURAU Phantom Memory 

クラウ ファントムメモリー Vol.1

西暦2100年。世界は生活圏としての都市「メトロポリス」とライフラインとしての生産層「エコロジア」に区別されていた。そこでは互いが互いを助け合い、戦争や貧困をもはや過去のものとしていた。人々が暮らすメトロポリスでは、地上400mを誇る超高層ビル群と重力制御によるエアカーを主流とした交通により、ストレスの無い理想の社会を形成していた。その一方で、人類は外宇宙計画を着実に進行し、更に広い世界に進出しようとしていた。
次世代エネルギーの研究者である天箕博士は、月面にある基地で研究チームと共に原子衝突実験を行っていたが、突如実験装置から飛び出した2つの光が天箕博士の娘、天箕クラウに衝突し、彼女の体を分解してしまった。しかしその光は再びクラウの姿を形作り、クラウは「リナクス」として蘇る。ただ、もうひとつの光の行方は誰にもわからないままであった。
リナクスとして蘇ったクラウには特別な力が宿っていた。リナクスの力を使い、より速く走り、空さえも飛べる。そんなクラウのリナクスの力に研究者達は驚き、更なる研究を進めようとする。しかしそのような娘の姿を見て、天箕博士は呟く、「私の娘を返してくれ」と。
それから10年後。クラウはリナクスの力を隠しながら、有能なエージェントとして日々を送っていた。そんなある日、クラウの中からもうひとつの光が現れ、少女「クリスマス」となる。対の片割れとの再会を果たした喜びも束の間、リナクスを追う者達が現れたため、二人は逃避行を開始する。

クラウ ファントムメモリー Vol.1


サンプルレビュー :

【涙、涙、涙。】

 この作品には、登場人物が涙を流すシーンが何度あるんだろう?しかもそれぞれ違う涙。悲しい涙、寂しい涙、うれしい涙。
 本気で怒ったり、悲しんだり、恐れたり、喜んだり。未来世界が舞台のSFにも関わらず、人物描写の巧みさは、群を抜いていると思う。子供時代のクラウが、喜ぶシーンは、よくあそこまで、ストレートにしかも念入りに表現したものだなと。感心する。
 DVD一巻には、一話しか収録されていないが、おまけのスペシャルプロモーション。これから始まる物語の序章にふさわしい。
 音楽に関してもアニメ作品にこれだけ凝ったオリジナル曲を用意しているのも珍しい。宮崎アニメに挑戦している。しかし、決して模倣にはなっていない。そんな気がする。
スポンサーサイト



[ 2008/10/10 19:29 ] アニメ | トラックバック(-) | CM(0)
KURAU Phantom Memoryに関するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
動画LINK

▽最新ドラマの動画リンク

【YouTube】ドラマ動画館