FC2ブログ

YouTube アニメ動画ナビ

YouTubeなどの動画共有サイトに掲載されているアニメ動画のリンク集。最新アニメ多数!
RSS表示パーツ

新機動戦記ガンダムW 

新機動戦記ガンダムW 1

『新機動戦記ガンダムW』(しんきどうせんきガンダムウイング NEW MOBILE REPORT GUNDAM WING)は、「ガンダムシリーズ」サンライズ製作のテレビアニメで、1995年(平成7年)4月7日から1996年(平成8年)3月29日まで全49話がテレビ朝日系列で毎週金曜日17:00 - 17:30にて放送された。ガンダムシリーズの中で最初に米国で放送された作品でもある。
宇宙開発が始まった年をアフターコロニー(A.C.)歴1年と定め、人類は宇宙コロニーの開発を始めた。しかし地上・宇宙での紛争や様々な疾病、技術的な問題もあり、L1にてコロニーが初めて完成するまで100年を要した。地上の紛争は収まらず、宇宙ではコロニーが武力を背景とした地球圏統一連合に従属する形での支配が続いた。 A.C.165年、コロニーの住民は連合に常に反発を抱いており、この問題を調停するための機関はヒイロ・ユイを代表に選出した。彼は非暴力・非武装の主義をコロニーや地上の各国に説いてまわり、賛同者が多数に上るもA.C.175年に暗殺される。彼の死によりコロニー側は混乱、連合は治安維持のためスペシャルズ[1]を各地に派遣。その後、サンクキングダムらの完全平和主義提唱も連合の武力によって壊滅させられてしまった。
A.C.195年、コロニー側は「オペレーション・メテオ」を発動。宇宙コロニーの居住者達の一部は強引な武力支配を続ける地球圏統一連合とそこに潜む軍事秘密結社OZに対し、開発した5機のMS(モビルスーツ)にそれぞれ反抗の意思を示す「ガンダム」の名を冠して地球へ送り込み、世界各所でOZへの破壊行動を図った。 物語はここから始まり、この5機のガンダムの内の1機に搭乗するパイロットのヒイロ・ユイ[2]を主人公に進んでいく。

ガンダム動画一覧

新機動戦記ガンダムW メモリアルボックス版 Part.I (初回限定版)


サンプルレビュー :

【キラキラだけど泥臭い】

やれ美少年だ、腐女子増殖の発端の作品だと言われていますが
キャラが泥臭く、おっさんがいっぱ出演だったら良かったのかしら?
表面キラキラかもしれないけど、中身はそれこそ泥臭くってストイックなのに。

最近久しぶりに見返して見ましたが、面白かったですよ。
キレイ過ぎとか、無駄を削ぎ落とし過ぎて強引という気もしなくはないですが、
丹念に綴ればいいという訳でもない。
とくにこの作品は特急のような『駆け抜けろ!』的な空気があったし。

ストーリーはもちろん存在する訳だけど、どのガンダムでもキャラの成長も描いています。
キャラの主張がグラグラしてみえるけど、それこそ初めが『戦闘の玄人』だったから。
作品でも戦術や技術面はパープェクトでも精神面では不完全といわれてましたしね。
作中でどんどん成長していった訳でしょ、だからそうみえて、
しかも『玄人』だからなおさら目につくのかもしれない。
いいじゃない、成長物語り!

クールだけど熱血。
静とみせかけてかなりアグレッシブ。
キラキラだけどボロボロ。
両極をこれでもかというぐらい内包する作品。

考えを変える気がない人は仕方ないですが、
喰わず嫌いや未視聴の方、
今とは申しませんが、いつかご覧になってもイイと思いますよ。

個人的には第二期のOP冒頭がすっごくカッコよくって好き。ゼロってカッコいいわ。
スポンサーサイト



[ 2008/10/08 16:54 ] アニメ | トラックバック(-) | CM(0)
新機動戦記ガンダムWに関するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
動画LINK

▽最新ドラマの動画リンク

【YouTube】ドラマ動画館