FC2ブログ

YouTube アニメ動画ナビ

YouTubeなどの動画共有サイトに掲載されているアニメ動画のリンク集。最新アニメ多数!
RSS表示パーツ

機動戦士ガンダム 

機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)

『機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、MOBILE SUIT GUNDAM)は、日本サンライズが制作し名古屋テレビをキー局として放送されたロボットアニメ。「ガンダムシリーズ」の第一作である。
スペースコロニーへの宇宙移民開始を紀元とした未来世界、宇宙世紀0079年が舞台。人類は増え続ける人口のため、半数が月軌道周辺にあるラグランジュ点に浮かぶスペースコロニー群(サイドと呼ばれる)に居住していた。その中で地球に最も遠いコロニー群サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦からの独立を求め、人型機動兵器「MS(モビルスーツ)」を駆使して独立戦争を挑んできた。開戦から僅か1ヶ月あまりで双方の陣営は総人口の半分を死に至らしめた。
そんな中、サイド7に住む少年アムロ・レイは、地球連邦軍が進めていた「V作戦」に対する調査のためサイド7に侵入したジオン軍MS ザク[1]の攻撃に巻き込まれ偶然が重なり、連邦軍の新型MS ガンダムのパイロットになってしまう。ガンダムの性能もあり敵MSを撃退することはできたものの、ガンダムの母艦であるホワイトベース(W.B.)は正規乗組員のほとんどを失い、アムロをはじめこれに避難した少年少女たちは、生き残った乗組員達と協力しながらサイド7を脱出する。しかし宇宙には、赤く塗装した専用のザクを駆り数々の戦果を挙げたことから「赤い彗星」と呼ばれるジオン軍パイロット、シャア・アズナブルが待ち構えていた。
この物語は、アムロ達が長年の宿敵となるシャアを初め、様々な人々との出会いや戦い、そして別れを経て数々の困難を乗り越え、閉鎖的な極限状態に悩み傷つき、一時的に逃避しながらも一歩ずつ成長していく少年達の姿を描いている。

ガンダム動画一覧

機動戦士ガンダムDVD-BOX 2


サンプルレビュー :

【こんな完璧な作品他にはなかったよ、】

ファーストガンダムは、初放送当時視聴率があまり芳しくなかった。
私は当時小学生で、友人は「あのマンガ、ロボットが同じようなものしか
出てこないから面白くねーー。」とか言っていた。
富野由悠季氏は実際の戦争に近いリアルな戦争を描こうとしていたのである。
この作品は徹底した反戦をテーマとしているから、この作品をけなす者は、
「戦争大好き、暴力万歳!」と言っているようなものである。
最初の方は観ていない人が多かったのであるが、
後半になると、クラスの男子がほぼ全員観ていた。
でもそれでも何故か視聴率は上がらなかったようだ。
後半になると、アムロの敵側に「シャリア・ブル」や「ララァ・スン」のような
今までのアニメ作品には出てこなかった善良で優しい人たちが出てきた。
アムロは結果的にはその人たちを打ち倒さねばならなかった。
これほどの悲惨なエピソードは世界文学の方でも滅多にない。
日本文学の方でも「ララァ・スン」のような神秘的で魅力のある人物は
他にいない。
私は今回ファーストガンダムのDVDを入手して2回全部観たけど、
ストーリーは完璧で、恐らく実際にも世界の歴史はこんな風に運ばれると思う。
ネタバレになるかもしれないけど、付録の本に富野由悠季氏が
「この作品でも最終回でレギュラーキャラクターが全員戦死する予定だった」
と言っていた。でも当時のファンの中学生や高校生の女の子達が
「絶対にそれはやめてほしい」と嘆願したので、富野監督はそれをやめたそうだ。
ゆえに、この作品の真の作者は「日本民族」である、と言っても過言ではない。
スポンサーサイト



[ 2008/10/08 16:30 ] アニメ | トラックバック(-) | CM(1)
>この作品をけなす者は、 「戦争大好き、暴力万歳!」と言っているようなものである。

短絡的な考え。
コメントから察するにいい年なんだろうけど。
[ 2009/06/13 17:02 ] [ 編集 ]
機動戦士ガンダムに関するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
動画LINK

▽最新ドラマの動画リンク

【YouTube】ドラマ動画館