FC2ブログ

YouTube アニメ動画ナビ

YouTubeなどの動画共有サイトに掲載されているアニメ動画のリンク集。最新アニメ多数!
RSS表示パーツ

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮

『ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~』(ドルアーガのとう ジ・イージス・オブ・ウルク)は、2008年4月より放送されたテレビアニメ作品。ナムコ(現バンダイナムコゲームス)のコンピュータゲーム『ドルアーガの塔』を原作とし、GONZOがアニメーション制作を手がける。キャッチコピーは「世界の行く末はその塔に束ねられた」。
勇者ギルと巫女カイの物語が伝説として伝承された80年後の世界。5年に一度だけ天上のアヌ神の加護により、塔内の魔物は力を失ってしまうアヌの夏。その 3度目のアヌの夏が訪れようとしている時、塔内都市メスキアではギルガメシュ王により建国されたウルク国の軍がドルアーガ討伐の為3度目の出征に備え、冒険者達が塔の最上階に眠るという伝説の秘宝「ブルークリスタルロッド」の噂を聞きつけ賑わっていた。彼らの目的はドルアーガの討伐なのか、それとも「ブルークスリスタルロッド」の奪取か。今、剣と魔法の大冒険が始まる!!

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮


サンプルレビュー :

【毎週GyaOで見てます】

商品を購入したわけじゃないのですが、購入されようという方がいれば買っていいと思います。一言でいえば良作です。
ゲーム版のほうも知らないのですが、世界観が完成してるんですよね。あと全景を移さないまま進む純粋な冒険と、パーティの役割分担や武器の小道具などのおかげで世界観が非常に奥深く妄想のやりがいがあります。
最初の1話はGyaOで見たんですが、これ裏1話と呼ばれているようですね。
深夜にもテレビで送されてるらしいんですが、どうも有料チャンネル専用みたいで見れないんです。
今のところ8話まで見てますが、ストーリーが「塔を上る」っていうのがわかりやすいし同時に深い。
しかもその塔があまりに巨大なので、塔の下層に街をつくって前線基地にしてるっていうのもなんかいいですね。
ファンタジーとして異色という指摘もありますが、かなり王道な作品です。
メソポタミアの名称が多く出てきて、この世界観もメソポタミアを意識してるようです。
作中のウルク国は世界最古の国家の一つで、隊長の副官のエタナも「エタナ王と誕生の草」なんて神話で有名です。
ギルガメス王もギルガメシュという実在の人物で、実像はわかっていませんが紀元前2600年以上前の実在の人物だと確実視されるようになりました。紀元前600年ごろのアッシリア王アッシュールバニパルが建造した図書館の中に、数万点に及ぶ貴重な粘土板の中からギルガメシュ叙事詩という神話が綺麗な形で残されていたのが、今日でギルガメシュの名がゲームの登場人物みたいな雰囲気で語り継がれてる理由です。
でも今ですら彼の時代から4600年以上、アッシュールバニパル王のとき既に2000年以上も経っているのに名が語り継がれるほどの人物なんですから、いったいなにをして名をあげたのか、そういう史実の歴史とアニメの世界観がリンクして楽しいです。
関係ないですがメソポタミアの言語はアラビア語や英語とは全く語感が違う名前ですから、この雰囲気に魅せられるとはまりますよ。参考に最古の国家郡の王の名を記したシュメール王名表という粘土板があります。WIKIPEDIAでカタカナで見れるので検索してみるといいです。
※ 星4個の理由は現時点で完結していないのと、ストーリーはまさしく王道なんですが、それゆえに二度鑑賞するパワーがあるかどうか今のところなんともいえないです。一度見る限りの作品にDVD一巻3600円払うのが妥当かは十分熟慮してから購入してください。
全話鑑賞後の追記:2009年に第二期、最終話で伏線回収どころか謎がさらに増えてちょっとしっくりこない終わり方。これじゃ満点評価には無理があるかも。

スポンサーサイト



[ 2008/10/05 12:46 ] アニメ | トラックバック(-) | CM(0)
ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~に関するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
動画LINK

▽最新ドラマの動画リンク

【YouTube】ドラマ動画館