fc2ブログ

YouTube アニメ動画ナビ

YouTubeなどの動画共有サイトに掲載されているアニメ動画のリンク集。最新アニメ多数!
RSS表示パーツ

ガラスの仮面(エイケン版) 

ガラスの仮面 DVD-BOX

『ガラスの仮面』(ガラスのかめん)は、美内すずえによる少女漫画。
1984年4月9日 - 9月24日、日本テレビ。全23回(ただし第23話は総集編であり、実質的には22話)。制作はエイケン。

ガラスの仮面 千の仮面を持つ少女(OVA)
ガラスの仮面(東京ムービー版/2005)

ガラスの仮面 DVD-BOX


サンプルレビュー :

【やっぱり昔の方がいいですね~♪】

半年間(23話)しか放送されなかったガラ仮面ですが、20年ぶりに大人買いして観てみると。。。
足早にストーリーが展開し、おもいっきり無理があるなぁ。。。と感じつつもマヤの素朴で目立たない性格が、演劇の世界では本当の意味で色んな可能性を秘めたキラキラとした別の人格になっている・・・というのがきちんと描かれてます。流石に桜小路くんと真澄さんの登場シーンやセリフ回しは多少の違和感はありますが(省略しすぎ・苦笑)その時代や当時ならではのガラ仮面スーパーブレイクさを感じさせてくれてとても懐かしかったです。
アニメ放送時、私はまだ中学生でしたが、あのガラ仮面をどうやってアニメにするんだろう!?劇中劇じゃん!!と思いましたが、『うる星やつら』や『ドクタースランプあられ』を4年以上する位なら、ちゃんと原作の細かい部分にこだわって放送して欲しかったですね。
まあ、そうなると超ロングアニメで子供うけしないのでしょうが・・・。この作品はある意味文学的大人向けの大河だから長期にわたってすると、ガキんちょ達はつまらなくなって観なくなる人が出ると考えたんでしょうねぇ。。。
私的には今回久しぶりに観てみて、真澄の声がオッサンくさいと思ってしまいました。(ごめんなさい、野沢さん★)あと、桜小路くんもちょっと違うなぁ。。。三ツ矢さんには悪いけど古谷徹さんの方が合っていたように思えます。当時の売れっ子青年役の声優さんなら。。。
勝生さんのマヤもなかなかいいと思えましたし、ちとキャンディキャンディの印象が強かった姫川亜弓役の松島さんも中半はなんかイメージに合ってきたりと、昭和後期★アニメのかかりだっただけに色々と難しいキャスティング選びも、スタッフ皆で原作を理解することもさることながら見せ方の努力も苦労されたんだろうなぁ・・・と思えました。
音楽(OP&ED含め)もよく合ってました。欲を言うなら、絵は出来たらオープニングの荒木さんの作画でお願いしたかったんですけどね^^;(何故、OPだけ!?)
真澄を筆頭に亜弓や月影先生・水城さんのお顔が崩れすぎです・・・苦笑
ともあれ、やっぱり昔の方が断然いいですね~~~アニメはっ♪
スポンサーサイト



[ 2008/10/02 03:46 ] アニメ | トラックバック(-) | CM(0)
ガラスの仮面(エイケン版)に関するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
動画LINK

▽最新ドラマの動画リンク

【YouTube】ドラマ動画館