FC2ブログ

YouTube アニメ動画ナビ

YouTubeなどの動画共有サイトに掲載されているアニメ動画のリンク集。最新アニメ多数!
RSS表示パーツ

GUNSLINGER GIRL ガンスリンガー・ガール 

GUNSLINGER GIRL DVD-BOX

暴力とは対局にあるような姿の美少女たちが、拳銃を手に戦う。
少女たちは戦うために改造された身体「義体」を持つ。しかし、その外見はワンピースやブラウス、スカート、靴でシックに装う。シックで求道的な私服と華奢に見える躰つきのため、ともすれば動きづらそうに銃を帯び、監督官の男達の指示のまま、戦いに身を投じてゆく少女たち…。少女達と監督官との関係は兄弟(フラテッロ)にも似た関係だ・・・
大人(男)の都合で固められた世界の中で、それでも自分の意思で世界を選択するかのように生きる儚い少女の物語がGUN SLINGER GIRLである。

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-

GUNSLINGER GIRL DVD-BOX


サンプルレビュー :

【原作を超えうる退廃的な完成度】

メディアワークス刊・月刊コミック電撃大王連載/相田裕原作の
TVアニメ第1期「GUNSLINGER GIRL-ガンスリンガーガール-」全13話を完全収録したDVD-BOXです。
ヨーロッパの社会福祉公社という建前を持った政府の超法規的諜報機関を舞台に、
五共和国派(テロ)との政治抗争と、異常な身体能力の「義体」として
生まれ変わった少女達の葛藤と堕ちゆく様をクールに描いたドラマ要素の濃さが魅力の本作。
(総合9/10点)

「カードキャプターさくら」を手がけた浅香守生監督/マッドハウス製作により、
作画、演出を共に実に抜群。原作の作画の未成熟なデザインを残しつつ、
銃撃、戦闘、音楽の三重奏が醸し出す退廃的でどこか憂鬱な雰囲気に染み入ります。
特に実写顔負けの銃撃描写のリアルさ、周囲に拡散する薬莢の描写の立体感はお見事。
彼女達の無感情、無表情ぶりとのギャップの違和感も相乗効果となり衝撃的です。

時間の逆行から始まる現在の場面との一体感、アニメ独自の
エルザ死亡経緯の場面の挿入、笑いや誇張を抑えに抑え、自らの意思が全く介入されない
義体の悲劇を淡々と描く儚くも渋い演出のキレ具合は原作以上の完成度。

一見、「少女と銃」という組み合わせは面白半分の思いつきや、
萌え要素の一部かと思われがちですが、そういった要素は全く無し。
あくまで人間兵器、強化人間として、思考すら無意識の内に強制させられる姿を中心に描くのみ。
特に人が人をイジる恐ろしさの末路を示唆した第10話「熱病 -amare-」と
第11話「恋慕-febbre alta-」は必見。人間規格外の義体死亡の原因は
人間の本性そのものと脅迫、警告しているかのような最後に驚かされます。

元々TVアニメ版は複数販売されたPS2ゲームへのおまけ収録という形のみでの
セル販売だったため1万円弱で全話入手可能になったのは嬉しい限り。
BOXの作りが安っぽいのはご愛嬌。ただ、観返してみると
第12話「共生-simbiosi-」は蛇足だったように感じますね・・・。
色々矛盾が生じており、正直話数稼ぎ程度にしか思えないのが残念です。
スポンサーサイト



[ 2008/09/07 11:40 ] アニメ | トラックバック(-) | CM(0)
GUNSLINGER GIRL ガンスリンガー・ガールに関するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
動画LINK

▽最新ドラマの動画リンク

【YouTube】ドラマ動画館